業界初!最短90日で乗り換え可能なカーリース【NOREL(ノレル)】が登場

ネットで話題
この記事は約 2 分で読めます ( 約 1197 文字 )

NOREL

 

カーリースと言えば、車検代や税金の支払が不要(月額料金にコミコミ)なので、急な出費がないのが良いと人気な反面、3年とか5年の契約期間中は乗り換えできないのが当たり前でした。

 

ところが、最短90日間で違う車に乗り換えできるまったく新しい「業界初」のカーリース【NOREL(ノレル)】が登場しました。

 

まじか!!

 

 

カーリース【NOREL(ノレル)】の特徴

 

• 最短90⽇で乗り換え可能!
• 保険 (対⼈対物無制限、⼈⾝傷害3,000万円) 込み
• ⾞検必要なし
• 豊富なラインナップ
※ 輸⼊⾞ / 国産⾞ 累計800⾞種以上、常時300台
• クレカ1枚で気軽に予約
• 料金は月額19800円(税抜)~
※2018年5月31日現在の情報です

 

 


NOREL (ノレル)
クレカ1枚で気軽にカーライフ!最短90日で乗り換えられる♪

 

例えば、
・夏場はキャンプに行くのでSUVタイプの車
・冬はスキー用に4WDの車
・春と秋はオープンカー
※たまには高級な外車に

というように、90日毎に(季節や気分で)乗り換えることができます!

 

NOREL 月額定額で乗り換えホーダイ!

 

利用エリアと契約期間

 

利用エリアは現在、沖縄を除く全都道府県で利用可能!

 

気になる契約期間ですが、

最低利用期間は最短3ヶ月、以降1ヶ月ごとの更新。

クルマが納車されてから最短90日の最低利用期間後に次のクルマの予約ができるようになります。

 

月額料金には、自賠責および任意保険が含まれていまが、任意保険の対象は対人(無制限)、対物(無制限)、人身傷害(3000万円まで)です。

なので、車両保険は別途自分で入っておくほうが良いですね。NORELケア (有料オプション) に加入するという手もあります。

 

【Q&A】

 

残価設定型ローンと比較した時の強み・弱みは?

  • 残価設定型は3年/5年が多いがNORELは90日で乗り換え可能
  • 残価設定型は「設定」であって「保証」ではない
    NORELは残価を気にする必要はない (原状回復は必要)
  • 残価設定は新車、NORELはセカンドハンド(中古)中心
  • 1台を長く乗るなら残価設定型が安い、NORELは色々乗れる

 

マンスリーレンタカーと比較した強み・弱みは?

  • 車種が豊富なのはNOREL
  • 期間がより短く、価格も高いのがマンスリーレンタカー

 

コスモスマートビークルと比較した強み・弱みは?

  • スマートビークルは36ヶ月~84ヶ月、NORELは90日
  • スマートビークルは国産・新車、NORELは輸入車あり、セカンドハンド(中古)

 

NORELの弱みは?

  • セカンドハンドなので新車に比べ故障は多い (特に輸入車) (NOREL調べ)
    故障した場合、次のクルマに乗り換えていただくことでケアしている

 

【注意点】

・超過走行距離料金、運搬費等が発生する場合があります。月間平均走行距離2,000kmまでは定額でご利用できます。

 


クルマを自由に着替えよう!
月額「19,800円~」であれこれ乗るなら【NOREL】

関連記事
  • コメント
  • トラックバック
コメント
コメントを表示
コメント投稿

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

コメント ( 必須 )

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL