• 【10ページ文学漫画】世界一受けたい授業で又吉がオススメ「文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む」シリーズ

【10ページ文学漫画】世界一受けたい授業で又吉がオススメ「文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む」シリーズ

ネットで話題
この記事は約 3 分で読めます ( 約 1508 文字 )

世界一受けたい授業で、ピース又吉直樹が紹介していた「文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む」シリーズが話題ですねv(*’-‘*)o

 

文学作品はちょっと難しいイメージがあるけど、漫画だと読めるし、しかも10ページ前後でまとめられていると分かりやすいですよね。

 

「文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む」シリーズは3つ。それぞれ「なか見検索(試し読み)」もできますよv(*’-‘*)o

 

それぞれ、たくさんの文学作品が収録されていて、値段も918円とリーズナブル。kindleだと850円なので、スマホで通勤時間に読むのにピッタリですね。

 

 

有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。

【収録作品】
太宰治「人間失格」
中島敦「山月記」
梶井基次郎「檸檬」
森鴎外「舞姫」
坂口安吾「桜の森の満開の下」
フランツ・カフカ「変身」
宮沢賢治「注文の多い料理店」
永井荷風「濹東綺譚」
泉鏡花「高野聖」
夏目漱石「三四郎」
アンデルセン「雪の女王」
芥川龍之介「羅生門」
田山花袋「蒲団」
幸田露伴「五重塔」
新美南吉「ごん狐」
樋口一葉「たけくらべ」
魯迅「阿Q正伝」
伊藤左千夫「野菊の墓」
トルストイ「イワンのばか」
エドガー・アラン・ポー「モルグ街の殺人」
菊池寛「恩讐の彼方に」
二葉亭四迷「浮雲」
グリム兄弟「ラプンツェル」
夢野久作「ドグラ・マグラ」
堀辰雄「風立ちぬ」(単行本描き下ろし)

 

定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。

【収録作品】
夏目漱石「坊っちゃん」
織田作之助「夫婦善哉」
国木田独歩「武蔵野」
芥川龍之介「地獄変」
チェーホフ「桜の園」
尾崎紅葉「金色夜叉」
徳冨蘆花「不如帰」
小林多喜二「蟹工船」
ウィーダ「フランダースの犬」
作者不詳「マザー・グース」
吉田兼好「徒然草」
有島武郎「カインの末裔」
太宰治「斜陽」
スウィフト「ガリバー旅行記」
陳寿「魏志倭人伝」
梶井基次郎「桜の樹の下には」
島崎藤村「破戒」
江戸川乱歩「人間椅子」
アンデルセン「人魚姫」
森鴎外「ヰタ・セクスアリス」
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」

 

必修すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。

【収録作品】
芥川龍之介「蜘蛛の糸/トロッコ」
福沢諭吉「学問のすゝめ」
織田作之助「猿飛佐助」
夢野久作「瓶詰地獄」
夏目漱石「吾輩は猫である」
森鴎外「山椒大夫」
坂口安吾「堕落論」
魯迅「狂人日記」
宮沢賢治「風の又三郎」
ルイーザ・メイ・オルコット「若草物語」
押川春浪「海底軍艦」
葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」
谷崎潤一郎「春琴抄」
田山花袋「田舎教師」
太宰治「富嶽百景」
ツルゲーネフ「初恋」
マルクス/エンゲルス「共産党宣言」
石原莞爾「最終戦争論」
菊池寛「父帰る」
江戸川乱歩「D坂の殺人事件」
ラヴクラフト「クトゥルフの呼び声」
泉鏡花「夜叉ケ池」
中島敦「李陵」
新美南吉「手袋を買いに」
折口信夫「死者の書」

関連記事
  • コメント
  • トラックバック
コメント
コメントを表示
コメント投稿

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

コメント ( 必須 )

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL